注意すれば大丈夫

注射

受けれない人もいる

美容業界で多くの成果を出し、人気のあるボトックスですが、副作用がでる可能性を心配して施術を諦める人がいます。ネットでも副作用について出回っており、不安を煽るようですが、その情報の多くは間違っているのが残念です。美容業界では普通に多くの人方が施術されている注射です。確かに妊婦さんや授乳中の方、筋肉に持病がある方だと何かしら注射で体調不良を引き起こす恐れがあるので、美容整形外科やクリニックでもご遠慮お願いしています。また、悪影響を及ぼす危険性がある慢性的な喘息や抗生物質服用中の方も要注意です。妊娠中の方は、胎児にどのような影響をもたらすのかがはっきりとされていないので、注射を打つのは危険でしょう。他にも妊娠を希望している人は、最後に施術を受けてから最低でも二回の生理が確認できるまで、避妊をするようにと口酸っぱく伝えています。男性の場合は最後の施術から3ヶ月は気にするようにと指導しています。これらは安心で安全に注射を受けるために、約束事として、しっかりと守らないといけないことです。このような方たちはボトックスに限らず、あらゆる場面で注意や制限があることが多いでしょう。では、ボトックス注射の施術を受けるのに何の問題がない人で報告された副作用についてです。多く報告されているのは、表示してこわばってしまう、瞼が下がった、施術を受けた部分に内出血が起きた、頭痛が感じる、眼瞼の下垂などです。これらは、どの副作用を採っても、薬剤が多すぎることに原因があります。大量の注入で起きた副作用ですが、時間の経過とともに自然とだいたい収まります。首周りのこりや精神的な緊張が原因できている頭痛には、意外なことにボトックス注射でも治療をすることができます。しかし、頭痛持ちでなかった人がボトックスを打つことで、今までの筋肉のバランスが崩れてしまい、精神神経系に作用してしまうことがあります。それがネットなどで言われている副作用の一つに繋がります。もちろん個人差はありますし、場合によっては稀ですが、吐き気と頭痛を同時に引き起こすこともあるので厄介とさへています。表情筋のこわばりの副作用も確認されることがあります。眉の間に打ったボトックスが重力によって引っ張られてしまいます。また、顔全体に打ってしまうと、効果があまり出ないだけで、眉の間のみが下がり眉尻が上がったようにみえる等の副作用も報告されています。改善策として、眉尻の部分にボトックスを追加して打つという手段があります。簡単に修正が可能なことから、心配をする必要はそこまでありません。代表的で最も心配されている眼瞼下垂は、額にボトックスを注射したことで皮膚が伸びてしまい、眉毛と額の間の筋肉が動かなくなってしまったことで発症します。目が開けにくい状態や動かなくなった等の症状が発症したときは、医師へ相談をしましょう。ただ、ボトックスは目の筋肉に直接的に作用するので、副作用でなくてもつり目になってしまいきつい印象を与えてしまうこともあります。非常に確率は低いとされていますが、重大な副作用も報告されていることは事実です。しっかりと医師と相談しながら、信頼してできるところで施術を受けるといいでしょう。

カウンセリング

手軽にシワやエラを改善

美容外科のボトックス注射は副作用を心配せずに安心して受けられるので、シワやエラが気になっている方は前向きに検討してみましょう。価格は20,000円程の金額から提供されており、高くても100,000円を超えることはないでしょう。

鏡を見る人

理想的な自分が手に入る

たくさんある施術の中でも副作用が少なく安全性の高いボトックス注射は大変人気です。表情じわやエラ張りも改善することが出来、若返り効果や小顔効果も実感することが出来るでしょう。是非気になる症状をボトックス注射で改善しましょう。

先生

安全に施術を受けるには

シワ改善や脚やせなどで人気のボトックス注射は、美容目的で使用する場合は自費診療になります。ごく稀に副作用がでる方もいるようですが、国内で使用されるものは、厳しい品質検査をクリアしたボトックスなら心配いらないでしょう。